かなぶログ Season1

犬猫の話、日常のいろいろ〜備忘録

MESSAGE
これまでブログのお引越しを繰り返した事で、たくさんのコメントが消えてしまいました(T-T)本当に申し訳ありません!すべてその都度読ませていただきました<(_ _)>温かいコメントやメールなどいつもありがとうございます!
FAMILY

【まる】マルチーズ♂
1996.06.20〜2008.04.24(享年11歳)
おっとりのんびりマイペースなコでした♪
【ポン】ペルシャとのMIX♀
目の色:ゴールド
1986.3〜2006.07.17(享年20歳)

【ちびまる】MIX♀目の色:グリーン
1987.04.06〜2005.08.08(享年18歳)
ポンちゃんの娘
【チャッピー】MIX♀目の色:ブルー
1991.02.24〜2008.05.08(享年17歳)
ちびまるの娘
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
母 眠る
今日の夕方、母は眠りにつきました。
とは言っても亡くなった訳ではありませんが・・
もう2度と会話を交わす事も何もできなくなりました。
延命治療は拒否している為、人工呼吸器などはつけていません。
ただただ眠っています。そのまま天に召されるのを待っている状態です。
そんなに長くはもたないでしょう。

食道が癌に押しつぶされてしまった母は、とうとう気道まで狭くなり、
その狭くなった部分に炎症が起きて呼吸困難となりました。
最後の頼みであった抗生物質が効くのを願っていましたが、
その思いむなしく、とうとう今日の日を迎えてしまった・・
末期癌であり、その癌の位置的にもこれ以上前向きな治療はできず、
モルヒネや睡眠薬、麻酔薬などの投与で意識をなくしたのです。
それは母の最後の願いでした。
「今まで散々がんばってきた。もうがんばりたくない」という母の言葉に、
私は何も言う事ができませんでした。

でも、最後のお別れはできました。夫も間に合いました。
本当は朝の時点で眠らせてほしいと懇願していたそうなのですが、
医師が「ご家族がくるまでなんとか・・」と説得してくれたそうで
モルヒネを打ち、苦しみの中、なんとか待っていてくれて。

たくさんお話しました。
今までケンカもたくさんしたし、嫌な事もいっぱい言ったけど、
母の子供として生まれてきてよかったと。
今までずっと一緒にいられて本当に楽しかったと。
母とはまるでケンカ友達のようだった夫も、たくさんお話していました。

ありがたかったのは、最後の風景がこんなお部屋じゃあまりにも・・と、
病院側で特別室の個室を用意してくれたこと。
(それまで2人部屋だったのですが、古くて少し汚かったことと、
隣の方がおしゃべり好きでお見舞い客とワイワイうるさかったのです)
そして、主治医も看護師も、大勢のみなさんが一緒に泣き、悲しんでくれたこと。
闘病期間が長かったこともありますが、意外に(!)好かれていたようで
いろいろな方が”新人時代にお世話になりました”と挨拶をしにきてくれました。

「しあわせだったしあわせだった」と、最後に母はつぶやきながら眠りにつきました。
| 両親の話 | 23:05 | - | - | -
ちょっと大変(母の話)

チャッピーは回復のきざしを見せていますが、私の母の方はもうダメかもしれません。
今までも、もうダメかもという状況を何度も何度も乗り越えてきましたが、
今回は今までとは違います。
チャッピーと同時期に呼吸に異変が起こり、とうとう呼吸困難となりました。
昨日から入院しています。

今日主治医から連絡があり、病院で検査の結果と今後の相談をしましたが
結論として
「最後の最後は苦しむことがないようにしますのでそれは安心してください」
という事で話は終わりました。
母はとても喜んでいました。久しぶりに見た安堵の表情でした。
積極的な治療はもうしません。もうじゅうぶんがんばってきたから。

胃ろうを造り、食べる事も飲む事も満足に出来ずに5年間、母は本当によくがんばりました。
これ以上呼吸困難が続き、改善がみられない場合は、強い麻酔などの薬剤で眠らせ
意識をなくしてしまいます。
そうなってしまったら、もう2度と話をすることはできなくなるでしょう。

癌が再発してから母は痛み苦しみの連続でした。でも、やっと解放される。楽になる。
これは母にとって良いことなんだと自分に言い聞かせていますが、私にとっては
母との別れはあまりにも辛く、今、必死で強くならなくてはと踏ん張っているところです。

余命宣告では、昨年の1月頃までもつかどうか・・と言われていました。
それから1年と3ヶ月、神様がくれた”おまけ”だと思って過ごしてきました。
久しぶりに画像で見た癌は巨大で、今、生きているのが不思議なぐらい。
神様には感謝してもしきれないほどの素晴らしい時間をいただきました。

でも・・だけど・・・
もっともっと一緒にいたいと、やっぱりそう思ってしまいます。
呼吸が楽になり、今までのように少しでも元気な母に戻り、
ずっとずーっと一緒にいられますようにと願っている自分がいます。

| 両親の話 | 23:55 | - | - | -
ちょっと大変(チャッピーの話)
最近はバタバタといろんな出来事があって・・
私は今、毎日とても忙しく過ごしています。
不妊治療の再開を楽しみにして、体的にも色々な準備をしていたのですが、
また・・しばらくの間できないかもしれません。
もうすぐ40になっちゃうんだけどなぁ。休んでる場合じゃないのに
でも、今回の事は家族の命にかかわる問題なので仕方ありません。
全力投球でがんばらなくては!!

-------

先月、猫のチャッピーの呼吸がやけに荒い事に気づきました。
病院で検査をしたところ、悪性リンパ腫(胸腺型)という診断が確定。
実は2年ほど前も悪性リンパ腫と診断されたのですが(その時は消化器型と診断)
症状は一時的ですぐに治まり、元気になったので経過観察となっていました。
この時、リスクを伴う細胞診を行わず、画像などでの診断だったのですが、
ずっと飛び跳ねるぐらいに元気で・・。
月日が流れるうちになんだか誤診じゃないのかな〜と、
犬には強いけど猫に弱い先生だからねなんてよく母と話をしていて
すっかり安心していたある日、このように真っ逆さまに突き落とされました。

あわてて病院に駆け込み、今回はあらゆる検査をして診断が確定しました。
間違いありません。
この悪性リンパ腫胸腺型は胸水が徐々に溜まっていき、肺を圧迫。
呼吸困難を伴うとても苦しい病です。

抗がん剤治療か安楽死か、選択肢は2つ。

私は治療を選びました。

2年前、同じような状況になった時、私は治療をしないと決めました。
チャッピーは現在17歳で、もうりっぱな高齢猫です。
この決断をするまでには相当な葛藤があり、本当に苦しみました。時間もなくて。

ただ、チャッピーは今この時もハァハァと苦しそうに息をしています。
どんどんどんどん肺が押しつぶされ、呼吸ができなくなっていくという
想像を絶する辛く苦しい症状・・・。2年前の状態とは全く違います。
まるで海やプールで溺れていく様・・それを何もせずに黙って見守る事は
とてもじゃないけどできそうもありません。
かといって安楽死を選ぶこともできない。
チャッピーの苦しみを今すぐ、早く早くとってあげなくてはという気持ちから治療にすがります。

「抗がん剤が、再び楽しく暮らせるチャンスを与えてくれるかもしれません」
この言葉で私は治療を決意しました。

そして・・

約3週間経ちましたが、胸水は消失。呼吸は安定し癌は半分に縮小しました。
薬を飲ませたり病院に連れていったりと、嫌な事ばかりする私と夫には冷たいチャッピー
ですが(苦笑)、大好きな母には思いっきり甘えん坊になり、幸せそうにゴロゴロと喉を鳴らしています
これからどうなるかはわかりませんが、治療を選んでよかったと今はそう思っています。

| 猫日記 | 23:55 | - | - | -
チャッピー退院!

今日、チャッピーが退院しました

どんな事になっているのか・・
喜びと不安な気持ちが入り混じって心配でたまらなかったけど
やっぱり楽しみで。早く会いたかった。

”絶対一緒に行くから待ってて!”としつこかった夫。
はやる気持ちを抑えて帰ってくるのを待ち、2人で病院に向かった。

大きな保育器の中、四角い小さなピンクのトイレからはみ出し気味に寝ていたチャッピー。
なんだか優雅に、お姫様のようにすましていたが、
私達の顔を見てちょっとだけ嬉しそうにニャ〜と鳴いた。

キャー元気そう!!

もちろん普段にくらべたら全然だけど、
ひと目見て、ちょっと元気になったのがわかった。

よかったよぉ〜〜。
この調子でどんどん元気になりますように。

家に着いた途端、大量のおしっこ。
どうやらキャリーバッグの中でもしてしまったようだ。
病院でも少しはしてたみたいだけど、やっぱり我慢してたんだね。
苦しかったね・・。
なるべく入院はしないようにしようね。私も通院がんばるよ。



チャッピーは深刻な病気で治療の為、数日前から入院していました。
気持ちの整理がついたら詳細を記事にしたいと思います。

| 猫日記 | 23:50 | - | - | -
64歳 母の誕生日



ママ、お誕生日おめでとう。

本当に嬉しい。
きっとこれからもずっとずっと一緒にお祝いできるよね。

最近では水さえ喉を通らなくなってきた母・・
それでもいつものようにケーキを頼んだ。
ちょっとだけ、なめるだけでもいいからと・・

苦しいよね。辛いよね。もう5年もこんな思いしてる。
私が半分引き受けたい。なんなら全部でもいいよ。

私、ようやくまともな食事を作れるようになったのに。
しかもすごーく(!)おいしいのに。(笑)
おいしいご飯、いっぱいいっぱい食べさせてあげたいよ。

長生きしたら、その間に医療も進歩して治る時がくるからね。

きっともう少し、あと少し・・・

未来は明るいと信じてる。

| 両親の話 | 17:00 | - | - | -
このページの先頭へ