かなぶログ Season1

犬猫の話、日常のいろいろ〜備忘録

MESSAGE
これまでブログのお引越しを繰り返した事で、たくさんのコメントが消えてしまいました(T-T)本当に申し訳ありません!すべてその都度読ませていただきました<(_ _)>温かいコメントやメールなどいつもありがとうございます!
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
FAMILY

【まる】マルチーズ♂
1996.06.20〜2008.04.24(享年11歳)
おっとりのんびりマイペースなコでした♪
【ポン】ペルシャとのMIX♀
目の色:ゴールド
1986.3〜2006.07.17(享年20歳)

【ちびまる】MIX♀目の色:グリーン
1987.04.06〜2005.08.08(享年18歳)
ポンちゃんの娘
【チャッピー】MIX♀目の色:ブルー
1991.02.24〜2008.05.08(享年17歳)
ちびまるの娘
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
風前の灯火
今は病院の家族控え室にいる。
母が危篤状態なので今夜はこのまま泊まる事になった。
まるも再び発作が起きて危ない状態でいる。
だけど動物病院には今は行けない。

これは全然どうでもいい話だけど、私はひどいものもらいができ、
顔の左半分が腫れて激痛が続いている。

つ・・ 辛いんですけど・・

早く時間が経ってほしい。
| 日常 | 19:23 | - | - | -
少しずつ前に
穏やかな気持ちになったり苦しい気持ちになったり
毎日毎日いろいろな事があって疲れてしまうな。

昨晩はまるの事が心配で2時間ごとに目を覚ました。
病院では2時間ごとに様子を見ますという話で、
その時間にあわせて自動的に目が覚めたのだ。
獣医師の「見にきたら亡くなっていたという事もありますので・・」という言葉に
目が覚めたらしばらくの間、電話がかかってきませんようにと祈り続けた。

まるは持ち直した。本当に本当によかったー・・
「今だから言えますけど、ちょっともう無理かな・・と思っていました。本当に良かったです」
と言われました。この先生、とてもいい先生なのです。
いつか詳しくお話したいと思っていますが、ここの動物病院はとても良い病院で
とにかく獣医師の人柄が良く、チームワークも素晴らしい。

今、うちは暗いことばかり続いているけど、母がお世話になっている病院や
ペット達がお世話になっている動物病院の人々がとても良いことで救われている。
心配して連絡をくれた友人は一緒に泣いてくれた。
このブログも、めったに更新せず、たまに更新したかと思えばこんな話ばかりなのに
気にかけてくれる人もいる。

私は幸せ。じゅうぶん幸せな人生です。
母は苦しみから解放され楽になり、チャッピーは今まで大好きな母と一緒に過ごし
もしかしたら天国へも一緒に行こうとしているのかもしれない。
それはそうなったとしてもチャッピーにとっては悲しいことではないんだと思う。
それに、仲良しだった母猫のちびまるも待っているはず。
まるは一気に悪い症状が出たことによって隠れた病気を全部発見する事ができた。
お薬は必要になるけど、これからはもっと充実した日々になるに違いない。
私がそうしてみせるから。

まだ今は、母との今までのことを思い出しては涙している日々だけど、
少しずつ立ち直って、明るく乗り越えていけそうな予感がしてきました。
| 日常 | 23:58 | - | - | -
まる 倒れる
なんてことだろう。
今度はまるが大変な事になった。
夜、ご飯を食べた後、急に息が荒くなり呼吸困難。
救急で病院に行き、ずっと処置を見ていたけどいたたまれなかった。
あと10分遅かったら間に合わなかったと言われて・・
心臓病からくる肺水腫。今夜が山だそうだ。
心臓はもともと良くはなかったが、経過観察中で薬もいらないぐらい元気だった。

なんでなんで?
なんでみんな同時期に一斉に呼吸困難?
チャッピーは今はなんとか小康状態だけど、ご飯も食べずにギリギリの所で生きている。
なんだか一体どうなっているんだろう。
みんな一緒に死んでしまうのだろうか。

まるは可愛い我が子。私の愛情のすべてを注いできた。

もうだめ。

今日は何度この言葉を言っただろう。
もうやめてくれー
| 犬日記 | 23:50 | comments(2) | - | -
母 起きる
今日の朝は少し元気が出ていた。ぐっすり眠ったからかな。夢も見なかった。

でもだんだん目が冴えて現実というものを感じてくるとやっぱり涙が出てくる。
母の部屋をのぞいたりなんかして。
起きたらまずは「おはよう!今日はどう?元気?」と挨拶しにいくのが日課だった。
その時の顔色や様子でだいたいの体調がわかるから、それで1日の予定を立てていた。
今日は日曜日。
”今回は日曜に退院しようと思ってるから”なんて言って病院へ向かったんだよなぁ。
今日・・・はぁ〜・・こんなことになるなんて。
最近の母の様子は今までとは明らかに違っていて、正直に言えば
こういう展開をまるっきり予想していなかったわけじゃない。
ただ、そんなことはないだろう、きっとまたいつものように元気になって帰ってくると思いたかった。

ボンヤリしながらもなんとか家の事を済ませて夫と一緒に病院へ。
ナースステーション受付にはずっと母を担当してくれている看護師がいて、
驚いたような笑顔で慌てて言った。
「あ、あのね、お母さん、すごく意識がはっきりしてて・・結局ベッドで起き上がっちゃって。今は寝てるけど、さっきまで起きてていろんな話をしてたのよ・・本当にびっくりしちゃって・・うーん・・それでね・・」
そこからは覚えていない。例のごとく涙が溢れてどうしようもなくなったから。(苦笑)
かわりに夫が聞いてくれてとても助かった。水分の点滴をしたらしい。

いそいそと病室に入ると母は確かにいつもの母と同じに見えた。
「今日も来たの?たいへんだねぇごめんね」
「こんなことになっちゃってごめんね・・」
謝ってばかりいる。
「ゆるしてゆるして」とず〜っと拝むようなおかしなポーズ。
切なくなってしまった。
衰弱している体にモルヒネなどの薬剤を大量に使っているから所々おかしな言動がある。
突然「楽しいな〜楽しいな〜」と足をバタバタさせて子供のようにはしゃぐ仕草もそう。
こんな時は泣かないで笑顔でいればいいのに、どうしても泣きじゃくってしまう私の顔を
両手で心配そうに包んでくれた。
この時の感触を私は一生忘れない。

それから10分ほどして、母はスースーと寝息をたてた。

もともと”病院にお見舞いに・・”という行為を苦痛に感じてしまう私は
母の顔を見ると安心して”さてそろそろ帰ろう”とつい思ってしまうが、
病室から一歩外に出た途端、心がモヤモヤとしてきて具合が悪くなってくる。
いつまでこんなことが続くんだろう。
ドラマチックな奇跡が起きたらどんなにか・・
| 両親の話 | 23:25 | - | - | -
辛すぎて
今日の夜中の2時頃病院から容態急変という電話があり、夫と病院に向かった。

39度以上熱が出ていて、とても辛そうにしていたけどどうにか治まってひと安心。
病室は宿泊できるので夫を寝かせて、私はずっと母のそばで手を握ったり話しかけたり
一晩中起きていました。人間こんな時は全く眠らなくても平気なものですね。
今も全く眠くありません。体中に緊張感がみなぎっているような。

ただ・・昨日までの強い決意はどこへやらという出来事があり、頭が混乱しています。
医師からの提案にもこれまでのように冷静に答えられず、感情的になってしまいました。

今日の話はヘビーな長文です。ブルーな気分になるかもしれません。
別にいいよという方のみ続きをお読みになってください。
続きを読む >>
| 両親の話 | 23:00 | comments(4) | - | -
このページの先頭へ