かなぶログ Season1

犬猫の話、日常のいろいろ〜備忘録

MESSAGE
これまでブログのお引越しを繰り返した事で、たくさんのコメントが消えてしまいました(T-T)本当に申し訳ありません!すべてその都度読ませていただきました<(_ _)>温かいコメントやメールなどいつもありがとうございます!
FAMILY

【まる】マルチーズ♂
1996.06.20〜2008.04.24(享年11歳)
おっとりのんびりマイペースなコでした♪
【ポン】ペルシャとのMIX♀
目の色:ゴールド
1986.3〜2006.07.17(享年20歳)

【ちびまる】MIX♀目の色:グリーン
1987.04.06〜2005.08.08(享年18歳)
ポンちゃんの娘
【チャッピー】MIX♀目の色:ブルー
1991.02.24〜2008.05.08(享年17歳)
ちびまるの娘
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
チャッピー退院!

今日、チャッピーが退院しました

どんな事になっているのか・・
喜びと不安な気持ちが入り混じって心配でたまらなかったけど
やっぱり楽しみで。早く会いたかった。

”絶対一緒に行くから待ってて!”としつこかった夫。
はやる気持ちを抑えて帰ってくるのを待ち、2人で病院に向かった。

大きな保育器の中、四角い小さなピンクのトイレからはみ出し気味に寝ていたチャッピー。
なんだか優雅に、お姫様のようにすましていたが、
私達の顔を見てちょっとだけ嬉しそうにニャ〜と鳴いた。

キャー元気そう!!

もちろん普段にくらべたら全然だけど、
ひと目見て、ちょっと元気になったのがわかった。

よかったよぉ〜〜。
この調子でどんどん元気になりますように。

家に着いた途端、大量のおしっこ。
どうやらキャリーバッグの中でもしてしまったようだ。
病院でも少しはしてたみたいだけど、やっぱり我慢してたんだね。
苦しかったね・・。
なるべく入院はしないようにしようね。私も通院がんばるよ。



チャッピーは深刻な病気で治療の為、数日前から入院していました。
気持ちの整理がついたら詳細を記事にしたいと思います。

| 猫日記 | 23:50 | - | - | -
辛い別れ
心が壊れちゃったのかな〜って思う。
ポンが死んだ時に、自分でも驚くぐらいの大声で泣いた。
最後の最後まで、一生懸命がんばって生きようとしていた姿が
目に焼きついて離れない。
ポンは、母が退院するまでがんばろうって思ってたと思う。確信がある。
私は・・それを叶えさせてあげることができなかった自分を責めてる。
母はどうしても日曜日に退院したいと言った。
でも、医師が「血液検査の結果が出てから」と、反対した。
私もそれを聞いて「無理して急いで退院するのはよくない」と反対した。
どうしようもない事だと頭ではわかっているけど、後悔せずにいられない。
あの時私が退院をすすめていたら、母はほぼ間違いなく退院したはず。
ポンが死んだ翌日に退院した母は、ポンの亡骸を見て苦しそうに泣いていた。

約2週間前、入院の為の支度をしている母をポンはジッと見つめていた。
「さっきからずっと私の事ジーっと見てるのよ。なんだろうね」
病院に着いてからも「ポンちゃん、なんか心配だわ」と気にしていた。
(実はこの時、母の方が大変な状況だったんだけど・・)
きっと母も後悔の気持ちでいっぱいだろう。
家族を失った悲しみで、母の病気はますます悪くなってしまった。今も元気がない。

今はポンが死んだ事を考えないようにしている自分がいる。
それでどうにか普通に生活ができてる。
ポンは触られたり抱っこされる事が嫌いで、プライドの高い猫だった。
そんなポンを誰よりも触りまくり、抱っこしまくりの私は
かなり長い間嫌われていた。(苦笑)
それが最近では歳をとったせいか甘えてくるようになって、
かわいくてかわいくて仕方なかった。
高齢で多少痴呆もあったので世話は大変な事も多かったけど、少しも苦にならず、
むしろ楽しかった。ポンが幸せそうにしてるのを見るのが好きだった。
”もういないんだ”って事をなかなか受け入れられない。
この先も受け入れたくない。
受け入れたくない気持ちのまま、やがて自然に受け入れられる日がくるのを
待つしかないんだろうと思う。

ポンは今年の3月で20歳になって、10月頃に区から表彰されるはずだったんだ。
猫の20歳は人間の歳で100歳ぐらい。大往生だねって人は言うけど、
家族としては、もっともっと長生きしてほしかった。
ほんの数日前まで、すっごく元気だったんだよ。
いきなりテーブルにジャンプして、夫のお皿からチキンを奪い取るぐらい元気だった。(苦笑)
全然信じられない。

それでもやっぱり20歳。
近いうちにお別れの時がやってくるって、こんな日がくるって
覚悟はしていたつもりだったけど、辛くて辛くてたまらないです。
| 猫日記 | 02:56 | comments(3) | - | -
ポンちゃん天国へ


今日の朝6時半、うちの最長老猫「ポン」ちゃんが天国へ旅立ちました。

私達が起きるのを待っていたように思います。
「やっと起きたか」
そんな声が聞こえるような顔をしていました。
しばらくウロウロした後、ドサッと倒れ、
窓を少し開けて風を入れると、空へ駆け上がるような格好で・・

夫、私、チャッピーが見守る中、神聖な儀式のようでした。
最後を看取ることができた事、本当に感謝しています。

20年も一緒に暮らしてきた大切な家族。
今となってはこの世で母親の次に私の人生を見てきた猫。
いなくなってしまって本当に悲しいよ・・

ひょうきん者のポンちゃんがいなくなってしまって、
これから寂しくなるな〜と思います。

そして、チャッピーですが、病気だっていうのは間違いなんじゃないかと思うほど
とても元気です。今はポンがいなくなって少し寂しそうですが、時間が経てば
きっと大丈夫だと思う。

ふぅ〜・・試練の時やのぅ・・
| 猫日記 | 09:54 | comments(3) | - | -
悲しい予感

ポンちゃんの様子が変です。
今日は1日中ウロウロして落ち着かなくて、全然寝てないみたい。
実は昨日あたりから少し様子がおかしいんだけど・・。
家族がいなくなってしまう前の、あの悲しい感覚、予感がします。
夜には顔つきもすっかり変わってしまいました。

あさってにはポンの好きなママも退院して帰ってくるよ。
おねがいだからもう少し待って。



---------------

追記 (2006.07.17)
これはポンちゃんの最後の画像となってしまいました。

| 猫日記 | 23:00 | - | - | -
ポンちゃんの定位置





最近ポンちゃんは朝昼晩と、ずっとこの場所で寝たり起きたりしています。
ここは私の定位置のすぐ横なんだよね
やっぱり私の事が大好きなんだなぁ。ウフ

| 猫日記 | 10:00 | - | - | -
このページの先頭へ