かなぶログ Season1

犬猫の話、日常のいろいろ〜備忘録

MESSAGE
これまでブログのお引越しを繰り返した事で、たくさんのコメントが消えてしまいました(T-T)本当に申し訳ありません!すべてその都度読ませていただきました<(_ _)>温かいコメントやメールなどいつもありがとうございます!
FAMILY

【まる】マルチーズ♂
1996.06.20〜2008.04.24(享年11歳)
おっとりのんびりマイペースなコでした♪
【ポン】ペルシャとのMIX♀
目の色:ゴールド
1986.3〜2006.07.17(享年20歳)

【ちびまる】MIX♀目の色:グリーン
1987.04.06〜2005.08.08(享年18歳)
ポンちゃんの娘
【チャッピー】MIX♀目の色:ブルー
1991.02.24〜2008.05.08(享年17歳)
ちびまるの娘
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< チャッピー退院! | main | ちょっと大変(母の話) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
ちょっと大変(チャッピーの話)
最近はバタバタといろんな出来事があって・・
私は今、毎日とても忙しく過ごしています。
不妊治療の再開を楽しみにして、体的にも色々な準備をしていたのですが、
また・・しばらくの間できないかもしれません。
もうすぐ40になっちゃうんだけどなぁ。休んでる場合じゃないのに
でも、今回の事は家族の命にかかわる問題なので仕方ありません。
全力投球でがんばらなくては!!

-------

先月、猫のチャッピーの呼吸がやけに荒い事に気づきました。
病院で検査をしたところ、悪性リンパ腫(胸腺型)という診断が確定。
実は2年ほど前も悪性リンパ腫と診断されたのですが(その時は消化器型と診断)
症状は一時的ですぐに治まり、元気になったので経過観察となっていました。
この時、リスクを伴う細胞診を行わず、画像などでの診断だったのですが、
ずっと飛び跳ねるぐらいに元気で・・。
月日が流れるうちになんだか誤診じゃないのかな〜と、
犬には強いけど猫に弱い先生だからねなんてよく母と話をしていて
すっかり安心していたある日、このように真っ逆さまに突き落とされました。

あわてて病院に駆け込み、今回はあらゆる検査をして診断が確定しました。
間違いありません。
この悪性リンパ腫胸腺型は胸水が徐々に溜まっていき、肺を圧迫。
呼吸困難を伴うとても苦しい病です。

抗がん剤治療か安楽死か、選択肢は2つ。

私は治療を選びました。

2年前、同じような状況になった時、私は治療をしないと決めました。
チャッピーは現在17歳で、もうりっぱな高齢猫です。
この決断をするまでには相当な葛藤があり、本当に苦しみました。時間もなくて。

ただ、チャッピーは今この時もハァハァと苦しそうに息をしています。
どんどんどんどん肺が押しつぶされ、呼吸ができなくなっていくという
想像を絶する辛く苦しい症状・・・。2年前の状態とは全く違います。
まるで海やプールで溺れていく様・・それを何もせずに黙って見守る事は
とてもじゃないけどできそうもありません。
かといって安楽死を選ぶこともできない。
チャッピーの苦しみを今すぐ、早く早くとってあげなくてはという気持ちから治療にすがります。

「抗がん剤が、再び楽しく暮らせるチャンスを与えてくれるかもしれません」
この言葉で私は治療を決意しました。

そして・・

約3週間経ちましたが、胸水は消失。呼吸は安定し癌は半分に縮小しました。
薬を飲ませたり病院に連れていったりと、嫌な事ばかりする私と夫には冷たいチャッピー
ですが(苦笑)、大好きな母には思いっきり甘えん坊になり、幸せそうにゴロゴロと喉を鳴らしています
これからどうなるかはわかりませんが、治療を選んでよかったと今はそう思っています。

| 猫日記 | 23:55 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | -
このページの先頭へ